行動指針の作り方を考える前の注意点!決める時は社員からじゃないって話

どもども♪もしけでございます。

今回は、行動指針についてお話したいと思います。

<スポンサーリンク>

行動指針とは

皆さんの会社には、行動指針ってありますでしょうか?行動指針とは、なんぞや?からお話しますと

正式な定義はあると思いますが、会社が創業から大事にしていった行動を包括して、会社で大事にする根っこはこれ!とみんながわかるような標語にしておくやつです。

【ミッション、ビジョン、バリュー】でいう、【バリュー】を表す言葉になってるケースが多いですね。

有名なところでは

例えば楽天さん
「スピード! スピード! スピード!」

ヤフーさんだと
「爆速」

う~ん、分かりやすい。IT 会社ですものね。速さが命。その会社でのコンセプトが一目でわかってしまいますね。

作成の手順を考えた結果 ダメだし

前日、会社で、その行動指針を、掲げ直すということで、私、社長から、全体の事務局をお任せ頂きました。

会社全体を巻き込んでの取り組みになるので、ひじょ~に緊張感溢れる役目ですが、頑張るとします( ・∀・)

さて、どのように進めようかと先ず考えました。

行動指針っていうくらいだから、先ずは実際に働いて、一番お客様と接している、現場スタッフクラスから、仕事で大事にしている言動の意見を収集するところから始めて、上がってきた行動をベースに標語をマネジメント層で作成する。

そして、社長に提出

うん!これでいこう!とスケジュールを作成をしたら

上司にストップもらっちゃいました( ・д・)

なんで?(´・д・`)

カンペキナダンドリジャナイカ……(´・д・`)

思わず言葉に出してしまいました。

そこで上司が一言。

「行動指針はトップと距離が近いトップ&マネジメントからやる!今、現場で大事にしている事は、過去の事。

これからの、未来の事に対して、会社が進むことをみんなに徹底的に落とす!これをするためにやる!

そうじゃないと、過去に対するアンケートになるだけで、時間の無駄!勿論、今のままでいいからと、今の行動を標語として整理する場合は、ボドムアップでいいけど、今回はトップダウンだ!

会社の過渡期で求められるニーズを知る

現在、私の会社は超過渡期。なるほど、最初に社長に任された時に、ニーズをちゃんと聞けてなかったということでした。

過渡期は、古き良きものと新しいものが、グチャグチャに入り交じってて、会社がカオス状態になります。

その変化を嫌ったり、ついていけなくなったりして、退職してしまう人も出てきます。

その為に、過去と未来をちゃんと繋げて、会社として共通認識を、言葉で示す!

その為の「行動指針見直し」だったようです。

納得♪

てか、上司もそこまでわかってるなら、最初から経営者同士で話してくれればいいのに……( ;´・ω・`)

皆さんも、仕事をする際に、任された事で、いきなり行動せずに、ニーズを整理してからやってみてください♪

以上です。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

<スポンサーリンク>

この記事が気に入ったら
「いいね」で更新情報をGET~♪

もしけを