お金を学ぶ。お金と人生のあり方

どもども♪もしけです。

一気に涼しくなったこの頃、皆様、お仕事は順調でしょうか?

私は、夏でも外出時、ジャケットを着るクセがあります。なので、夏真っ盛りお昼休憩の時、汗だくで帰社します。

脱げばいいのにとは、本人もわかってるんですが、ジャケットに財布やら何やら入れるので、自分にとっての利便性上、やめられない感じです。

どうでもいい話でした~、すんません。本日は、お金について第2段です。

お金の自己啓発本を読んで気づいた事

最近お金系の自己啓発の本を読み漁ってます。本田健さん、ロバートキヨサキさんなど。

後、先般セミナーでお世話になった、ファイナンシャルアカデミー創業者の泉正人さんなど。

ブログとか、メルマガとかもそうです。フル活用してます。

私のファイナンシャルリテラシーは現在最下層。

先ずは、考え方からと思い、周りに取り巻くものを、お金系の話に取り巻く環境からと思い、やってます。

共通して、著名な方々は言うこと。私が気づかせてもらったこと。

それは、

お金は労働の末、苦労して、辛い事を経験してでしか得れない。と、いうことでは決してないと言うことです。

お金の本質は苦労をして得るものとは真逆である。

私は、根っから「労働の対価」としてしか、お金を得ることができないと思い込んでいた性質で、仕事に取り組んでいる上で、「我に百難を与えよ、そうすれば得られる」というモードを作って仕事をする。

そうした方が苦労してるんだから仕事で成果は出せる。評価もされる。給料もあがる。

そう思ってました。

確かにある程度、仕事で結果成果は出せます。惰性ではなく、思いっきり集中するわけですからね。

ただ…、全く楽しくないし、自分の思う通りの報酬幅ではないんですよねえ(  ̄▽ ̄)

なので、不満が残る。そして、いずれ無理が出てきて、からだ壊したり、恨み残して退職したりする。恥ずかしながらそんなことをしたことあります。

お金を得るなら仕事や人生を楽しむ

こういう自己啓発を読んでいると、何より皆さん、自然体で楽しく仕事をしているベースがあります。

本田健さんは、まず「ワクワクすることを仕事にしなさい」って仰ってるし。

思えば私は、仕事に対しての【やり方】をとにかく学んで、それをアウトプットに出す。

その事一点に集中し、社会人やって来ましたが、自分の仕事に対しての【あり方】、つまり【やり方】を学ぶ前のベースを、ちゃんと考えていなかったと感じています。

  • そもそも、何で社会に出たの?
  • 何でこの仕事選んだの?
  • そもそも、何で生きてるの?
  • 折角生きてるんだったらどう生きたいの?
  • 楽しんで生きたいんだったら、これから大半を占める仕事を何で、楽しまないの?
  • 楽しまない方法を選ぶの? 

みたいな自問自答をした結果。

楽しんで生きたい、豊かに生きたい。お金は豊かさと楽しみの人生を味わう手段である。と、いう答えに行き着きました(一旦は)

では、よりお金を得るにはどうすればよいか?

これに対して、追求行動中です。

今まで、お金系の自己啓発は、何かキレイじゃないと勝手に思い込んで避けてましたが、自分にとっての本質を考えるきっかけになりました。引き続き、今後も気づきを書かせて頂きます。

以上です。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

<スポンサーリンク>

この記事が気に入ったら
「いいね」で更新情報をGET~♪

もしけを